収益報告

【2018年1月の収益報告】アフィリエイト2年目の収益と今年の目標など

投稿日:

どうも、失業東大生です。(プロフィール

失業といいながら首の皮一枚で転職を繰り返していましたが、このたび現職を退職することになる予定でして、あいかわらず不安定な人生を歩んでいます。

1月の収益は35万円

近況報告はさておき、1月の収益は以下のとおりです。

確定の収益金額はおよそ35万円ほど、このうちクリック型収益が3万円程度でした。

昨年は6桁超え(10万円以上)を目指してやっていましたが、今年も順調に6桁の壁を破ることができました。それどころか確定30万を超えることができ、幸先の良いスタートと言えそうです。

で、グラフの赤いところが気になるところかと思いますが、これは仮想通貨アフィリエイトの収益分となっています。

これついて、少々詳しくご説明します。

仮想通貨アフィリエイトはやばい

このブログはアフィリエイト初心者である私が、どのようにして収益を作っていったら良いのかを初心者目線で記録しておこうという趣旨で書いております。

ということなので本来はジャンルやキーワードなんかもさらけ出したほうが良いのだと思うのですが、あんまりそこまでやっている収益ブログもないので、これまでそういった中身については触れないできました。

その点でいいますと仮想通貨アフィリエイトについても敢えて触れず、高収益ジャンルに参戦しました、とか適当なことをいっておいても良かったのですが、さすがにこのジャンルについては明らかに今までの流れと違うということもあって、具体的に記しておくことにしました。

仮想通貨アフィのなにがすごいって、何よりいきなり初報酬で10万超えちゃっているところですよね。。

ちまたでよく言われているように、仮想通貨アフィは単価が非常に高いのです。それだけでなく、CVR(クリックが成果になる確率)と確定率も相当高い印象です。とくにCVRは私の印象では10%くらいはあるのではないかと思われます。

私の運用しているブログだと、CVRは良くて5%くらいです。というか、収益が出ているアフィリエイトプログラムってだいたいCVR5%くらいに落ち着いていくんですよね。これは私のサイトが雑記ブログであるためだと思われ、ゴリゴリのサイトアフィリエイトではもう少し高いかもしれません。

ただそんなブログに貼り付けてあるリンクからCVR10%で発生しているっていうのは、やはり仮想通貨アフィが特殊なのだと思います。

この特殊性ゆえに、仮想通貨アフィは長くは続かないかなとも思っていて、それもあって収益グラフの色を変えているのです。

私の希望的観測では、仮想通貨アフィだけでトータル100万円くらい稼がせてもらえればありがたいなと、そんなことを考えています。

このジャンルはいろいろと怪しい側面もありますので、あまり深入りはせず、あくまでも本業(?)の部分の成果を上げていきたいと思います。

2018年の年間目標

さて2018年の目標ですが、当初は確定7桁(月100万円以上)を目指そうと考えていたのですが、これはやめることにしました。

そのかわり、2018年の目標として確定年間300万円(仮想通貨アフィを除く)というものをターゲットにします。

アフィリエイトの世界では月間収益を目標にすることが一般的となっていますが、これにこだわる理由というのはよくよく考えてみるとそんなに無い気がするのです。

月収がクローズアップされる一番の理由はASPの確定が月末締めとなっていることが大きいと思います。あとはやる気の管理ですよね。月一で売上を管理していくというのは、個人事業としてやっている人間にとっては程よいペースだと思います。要は、来月は頑張ろう、みたいなやつです。

私はこのフィードバックを、年単位でやっていきたいと考えたのです(理由は後述します)。

そもそも税金は年末締めで計算されますので、キャッシュフロー的な観点から考えても年収ベースで売上を管理するのは合理的です。

それで300万円という数字ですが、2017年は年収100万円でしたので、単純にそれを3倍しただけです。あんまり根拠はありません。。

普通の事業だったら300%成長っていうの相当な急成長ですが、アフィリエイトだとむしろコンサバかもしれません。

だけど、サラリーマンが副業で300万円って、普通に考えたら結構すごい金額ですよね!?ということで、私はこちらの感覚の方を重視して、年間300万円を目標にすることにします。

アフィリエイトの生涯金額を考える

さて年単位でアフィリエイト収益を考える最大の利点は、一生涯でどのくらい稼げるのだろうかというスコープを手に入れられることにあります。

私はこの金額を1億円と設定してみることにしました。

期間はおおむね20年間を想定しています。

20年というと当然のことながら、今のような形態のアフィリエイトで稼げなくなっている可能性は高いかもしれません。ただ、Webの仕組みを使って商材を販売するという「ネット営業」という視点で見れば、個人として収益をあげることはあと20年くらいはいけるような気がするんですよね。もちろんそれがSEOなのか、SNSに移っていくのか、あるいはYouTubeのような動画メディアになっていくのかは分かりませんが。

いずれにしてもネットで20年間稼ぐぞ、と。そういうことです。

で、私は今のところサラリーマンを続けながら兼業でアフィリエイトをするのがもっとも効率の良い方法だという結論に達しているので、アフィリエイト収益は単純にサラリーマンの生涯賃金に上乗せされると考えます。

そうなると、副業で生涯賃金が1億円アップされるわけですが、それはこれからの生き方・働き方としてはかなり「アリ」なのではないかと思います。

そもそも給与所得を上げる戦略っていうのは、よほど仕事好きでないと厳しいと思います。特に年収1,000万円を超え始めると、仕事量が増えてきて自由な時間が間違いなく減ります。(ただし例外はあって、一部上場企業の年功序列レールに乗れれば鼻くそほじりながらでも50代にして1,000万円超えはありえるでしょう。今のところ、全労働者の5%くらいはこれに該当するでしょうか。)

給与所得が不利なのは、税金面からも明らかです。給与所得控除が改正され、年収850万円以上は増税されることになりました。また社会保険料も、年収が上がれば上がるほどたくさん取られてしまいます。

これに対して個人事業主としての事業所得には、社会保険料の支払いはありません(兼業の場合)。青色申告の控除の加えて、アフィリエイトの場合は家賃の一部も経費にできます。

ちゃんと計算していませんが、給料で生涯賃金を1億円追加でもらうよりは、兼業で1億円稼いだほうが明らかに有利です。

まあ要は、私はそうした戦略で生きていこうと、そう考えたわけです。

20年で1億円というと、年間で500万円。ピーク時に月7桁を達成しつつ、その後はなんとか踏ん張り続ければ案外いける数字ではないかと思います。これを兼業アフィリエイターのひとつの目標としても良い気がします。

1億円という分母を用意すると、例えばさきほどの仮想通貨アフィの100万円というのも随分と控えめえな数字に見えませんか?私はそのくらいがちょうどよいと思っています。100万円も稼げてヒャッハーではなく、生涯目標のたった1%なんだな、まだまだ頑張らなくちゃなと、そういうふうに考えたいということです。

まとめ

20年というスコープを維持するには、実は一気に稼ぎすぎないほうがいいとも言えます。(ただこれについては、私はまだ実は結論が出ていないのですが。。)

仮想通貨が好調だからと言ってそこに一点張りしてしまうと、落ち込むペースも早くなってしまいます。なので、こうした流行り物には早いうちに手を付けておいて、本当に流行りだしてからは一歩引いてみるというのが、サイト運営の1つのあり方かなと思います。

それとは別に20年間くらい持つような資産を築き上げていくのが、私の長期的な目標ということになります。

今月は以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-収益報告

Copyright© 失業東大生のアフィリエイト日記 , 2018 AllRights Reserved.